2021夏期講習 8月授業ピックアップ

 2021クセジュ夏期講習
8月授業Pick Up!

○ 小3国語 8月講習
「 昔ばなしを楽しむ 」
  ~ 型から学ぶストーリー ~

「むかし、むかし、あるところに…」でおなじみの昔ばなしは、いつだれからともなく語られて、現在まで引き継がれ様々な人に愛され続けているベストセラーです。一体どうしてそんなに長く愛され続けることができるのでしょうか。また、昔ばなしには、地域や時代がちがえども似たような話がたくさんあります。それらをある方法で整理していくと、驚くべき共通点や習慣にたどり着きます。昔ばなしに隠された暗号を解読しながら、読解技術の基礎となるストーリーの読み取りや比較の練習を行います。

○ 小4HS 8月講習
「 世界一周の旅 」
  ~ 世界の国々について知ろう ~

世界地理分野から、各地域の主要国家の位置、地形や気候から生まれる地域の特徴・特産品などについて学びます。普段何気なく使っていたり、目にしていたりするものの原産国調べなどから、各国の特殊性の捉え方を学び、教養として知識の定着を図ります

○ 小5NS 8月講習
「 ガリレオの考えたこと 」
  ~ 物体の動きと宇宙の話 ~

「振り子の周期はひもの長さで決まる」。この法則は近代科学の父と称されるガリレオが発見したものであると言われています。しかし残念なことに学校ではその事実しか習いません。8月夏期講習ではガリレオの足跡をたどりつつ彼が研究した様々な内容に触れる中で、理科と算数のつながりに一層興味が持てる授業を行います。そして授業の中で実際に実験も行い、そこから「基本の法則を組み合わせて新たな発見をする楽しさ」についても味わってもらいたいと思います

○ 小6NS 8月講習
「 クセジュからの挑戦状 」
  ~ 面積・体積を極めよう ~

角度・円・おうぎ形・面積・体積という図形問題にどう立ち向かえばいいのかを学んでいきます。「面積」「体積」の意味がわかると、公式を覚えずして自然と計算式を考え出すことができます。最後には、クセジュ講師たちからの挑戦状にも取り組みます。また、中学数学への入り口として、図形の性質を証明することにもチャレンジしていきます

○ EE Basic(英語初心者)クラス
「 フォニックスと発音技術のおさらい 」
  ~ 英語の発音は「息の量」が命 ~

一学期を通してフォニックスを学んできましたが、今回はその中でも重要なものを再確認します。そのうちの 一つが「息の量」。これは、英語の発音と日本語の発音において最も特徴的な違いです。日頃何気なく行って いる会話の2倍程度大袈裟に「息」を使うと、以外にも英語の発音は上手になるのです。夏から英語を受講する皆さんも専用のクラスを設けますので、基礎の基礎から安心して受講できます

○ 中1 英語 8月講習
「 一般動詞(三人称単数) 」
  ~ 三人称単数のsと、複数形のsの歴史的つながり ~

一般動詞の三人称単数形を学びます。三人称単数のsはひも解いていくと、複数形のsと形式上以外での 「つながり」があります。本講座ではそもそもなぜ「三人称単数形」が存在するのか、そしてそれがどう役立つのかを理解しつつ。英語が苦手になる生徒が増えがちな三人称単数のsを、複数形のsの形との共通点を確認しながら学びます

○ 中1 理科 8月講習
「 光の謎に迫る 」
  ~ レンズがつくる不思議 ~

自然界における大きな謎の一つ、それが『光』です。例えば足湯に浸かった自分の足が妙に短く見えたり、虫眼鏡の向こうに見える景色が逆さまに見えたりするなど、誰もが一度は経験したことがあるでしょう。これらは全て光の仕業なのです。授業では光の基本性質や根本原理を理解した上で、これら不思議な現象の仕組みについて考えます。そして楽しみながら思考力、特に〝想像力〟を鍛えていきます

○ 中1 社会 8月講習
「 世界の諸地域の研究 」
  ~ 旅行ガイドを作ろう ~

旅行ガイドにはその国の「いま」が詰まっています。外国人に日本を紹介する観光ガイドには、京都のよう な史跡や、寿司のような伝統的な食べ物だけが掲載されているわけではありません。いわゆる「オタクの街」秋葉原、独自の進化を遂げる「ラーメン」なども多く紹介されています。 授業では、旅行ガイドを実際に見ながら、どのようなことが掲載されているかを学び、1つの国や地域を取 り上げ、旅行ガイドを作ることにより、その国の「いま」を知ります。そして、リアルな世界地理の知識を獲得します

○ 中2 国語 8月講習
「 小説深読み講座 」
  ~ 夏目漱石『こころ』 ~

自由に解釈できることも国語の面白さですが、それだけではありません。正確に緻密に読み込むことで、真の ストーリーが見えてくるという面白さもあるのです。夏目漱石の『こころ』という小説は、まさにそのような 文章なのです。背景となるのは開国を経た明治時代。文明開化と呼ばれたそれは、人々が新旧の価値観の間で 揺れ動いた不確かな時代でもありました。文豪・漱石はその時代に生きた人びとの「こころ」を鋭く描き出し ています。描写の奥に隠された「こころ」を暴き出す、探偵のような読みを通じて緻密な読解力を身につけましょう

○ 中2 数学 8月講習
「 円と角度 」
  ~ 美しい法則への招待状 ~

「円の直径を一辺とする円に内接する三角形は直角三角形である」これは古代ギリシャの大天才タレスが証 明した有名な定理で「タレスの定理」と呼ばれています。講習ではタレスの定理に代表される、円にまつわる角度の問題を扱っていきます。様々な問題に触れることで、円周率π(パイ)だけではない、今まで知らなかった円の不思議さと美しさを体感することができるはずです

○ 中2 理科 8月講習
「 人体 」
  ~ 神経のはたらき~

この世で最も身近な存在、それは自分の身体です。しかし、自分の身体に関しては意外と知らないことが多いのではないでしょうか。なぜ血が流れているのか、なぜ食べないと生きていけないのか、運動すると呼吸が激しくなるのはなぜか、などわかっているようでわからないことだらけです。講習では、人間の体の中を徹底的に解き明かしていきます。

▶︎ 夏期のトビラに戻る