2121-22 冬期講習pick up

冬期講習 小学部 PICK UP!!

○ 小3・算数
『 クセジュ・オリジナルゲーム「マスmath」 』
このゲーム「マスmath(マス)」は対戦型の数当てゲームです。この遊びを通して「倍数・約数・素数」について楽しみながら学び、数に対する認識を深めます。専用のサイコロを使うことで運の要素も入ってはきますが、それも含めて勝つための戦術を考えることがそのまま数の性質を学ぶことにつながります。ゲームに勝ちたいという気持ちが強いのか子どもたちは意欲的に吸収してくれます。お子様にルールを教えてもらって、ご家庭でもぜひ挑戦してみてください。

○ 小4・HS(ヒューマンサイエンス)
『 日本文化を知る~歳時記~ 』
年末年始は、大みそかやお正月と行事がたくさんあります。しかしながら、私たちは日本で行われている「行事」や「しきたり」がどうしてできたのか、そして何のために行っているのかを意外と知りません。冬期講習では日本人が当たり前のように行っていることを「文化」という歴史や地理的な視点で学びます。
ライブ配信授業では、画面上で様々な映像資料を見ながら文化を眺めるだけでなく、自宅に居ながらにして「クセジュ神社」へのヴァーチャル初詣を行います。一方対面授業では文献を通して日常に溢れる日本文化としきたりの理解を深めていきます。

○ 小5・NS(ナチュラルサイエンス)
『 クセジュ流 空間把握術 』
    解説動画はコチラ( youtubeにリンクします )

○ 小6・文系講座
『 国語 : 小学国語総復習 』
小学校で身につけておきたい「説明文」「物語文」「文法」のポイントを総復習します。小学校の国語では文章の読解や文法は感覚に委ねるところが多く体系的に学ぶ機会はあまりありません。そこで冬期講習では「問題を解けるようにする」ことにスポットを当て、論理的に文章を理解する地盤固めを行います。

冬期講習 中学部 PICK UP!!

○ 中1数学
『 幾何学はここから始まった ~ 作図を学ぶ ~ 』
作図はとても重要かつ魅力的な分野なのですが、残念なことに学校では基本的な作図方法しか学びません。冬期講習は作図分野の歴史的な背景にも触れながら、その魅力をたっぷりとお伝えします。
ライブ配信授業では作図誕生の時代、古代エジプト時代にまでさかのぼり“土地の測量”についての問題に取り組みます。具体的な作図方法は画面上で先生の手元を拡大しながら実演するので、手に取るように作図方法が理解できます。一方対面授業では発展問題にチャレンジし、作図分野の根底にある論理的思考力が磨かれます。
コンパスと定規だけが作り出す、数学の奥深い世界をこの冬じっくりと味わいましょう。中学校の作図授業が何倍も面白く感じられるようになるはずです。○ 中1社会
『 文化から学ぶ日本史 』
冬期講習では古代から中世の「文化」にスポットを当てて授業を行います。歴史の授業では「源氏物語」や「古事記」、「法隆寺」など用語を覚えますが、これらの内容について深く学ぶことは少ないかもしれません。
ライブ配信の授業では、建物や書物の映像を実際に見ていきビジュアル的なイメージをつかみます。そして対面授業では、その内容を見ていくとともに、これらが作られた歴史的な背景を学びます。さらに、歴史を解明する上での大きな手がかりとなっていることを知り、文化史への関心を高めていきます。○ 中2国語
『 現代社会の諸問題 』

各地での紛争、経済成長の行き詰まり、環境問題などニュースでは日々多くの問題が報じられています。それらの問題はなぜ起こっているのでしょうか。実はその答えの全ては現代に至る500年間の歴史にあるのです。
冬期講習では文章を通して近代からの社会の変化を学び、現代に直結する諸問題の仕組みを読み解いていきます。ライブ配信授業では様々な資料を通して歴史を肌で感じることができます。さらに、画面上でテキストを共有しながら説明するため、文章を理解するための大切なポイントを明確につかむことができます。そして対面授業ではクセジュオリジナルの記述問題を通して、じっくりと文章の意味や全体の主旨を明らかにします。入試でも出題されることの多いテーマをこの冬じっくり深堀りしましょう。

○ 中2・数学
『 確率が超面白い! 』
365分の1で当たるクジを、毎日1回ずつ引き続けたあなた。一年間ずっと当たりを引くことができませんでした。あなたは不運な星のもとに生まれたのでしょうか?このようなことを、感覚ではなく『確率』として論理的に考えていくのが冬期講習のテーマです。確率も、その基礎となる「場合の数」の考え方も、数学の中だけにとどまらず日常生活のあらゆる場面で役立ちます。さあ、これから一年間家族で毎日クジを引いてみましょう。そして、それぞれの結果が普通の出来事なのか、あるいは起こりづらいことなのか、この授業で学んだことをもとに、楽しく検証してみてはいかがでしょうか。○ 中2理科
『 入試問題に挑戦 ~ 中2までの重要単元総復習 ~ 』
すでに学習した重要単元の中から、少し背伸びをして入試問題に挑戦します。このことを通して、「受験生として必要な知識・思考力」がどのようなものなのかを実感してもらうことが狙いです。オンラインの授業では、与えられた情報をもとに図示することが有効な単元を中心に扱います。最初は手が止まってしまうような問題でも、講師がオススメする方法で類題に取り組むことで理解を深めてもらいます。対面授業では化学の数量計算や力学など、生徒個々の計算過程やどのように手を動かしているのかを確認しながら重要ポイントをレクチャーしていきます。○ 中2社会
『 第一次世界大戦と科学史 』
今から約100年前、ヨーロッパの人々は今だかつてない出来事を経験していました。
それまでも多くの戦争がありましたがそれはあくまでも兵士によるものであり、一般市民、特に女性や子どもには関係のないものでした。しかし、この戦争は「総力戦」となり、国民すべてを巻き込んだ未曽有のものとなったのです。なぜ、このような戦争が起こったのでしょうか。
そして、その凄惨な歴史の中で人は新たな文明を生み出します。携帯電話のような機器からティッシュペーパーのような日用品に至るまで、今日の私たちを取り巻く多くの技術は戦禍の結晶として生み出されました。冬期講習では「戦争」を様々な視点から見ていきます。

冬期講習のトビラに戻る